鳥取県

とりトピ

珈琲の香りの中で…がんと向き合い、共に語り合う「がんカフェ」が中部地区でもオープン Café ippo(湯梨浜町)で月2回

 がんと向き合う人たち(がん患者本人、家族、友人、医療関係者やサポートメンバー)が、コーヒーやお茶を楽しみながら寄り添い、共に語り合う待望の「がんカフェ」が中部地区にもオープンしました。場所はウオーキングをする人たちには...

とりトピ

鳥取県立美術館で竣工式 平井知事「開館まで〝アート(あと)1年〟」駄じゃれもアート級 はたして「ブリロ」の運命は?

 倉吉市駄経寺町に来年3月オープンする鳥取県立美術館の竣工式と内覧会が8日、現地で行われ、鳥取県の平井伸治県知事は「難産の末、すばらしい美術館が姿を現した。開館まで〝アート(後)1年〟、心待ちにして下さい」と得意の駄じゃ...

ウォーキング歩鳥

「みんなが主役」 SUN-IN未来ウオークのボランティアを募集 おもてなしの担い手、ふるさとを見つめなおすチャンスです

 風を感じながら、自然と歴史に富んだ鳥取県中部を歩く「第23回SUN-IN未来ウオーク」に、あなたもボランティアとして参加しませんか。  大会事務局では6月1日(土)2日(日)に倉吉パークスクエア(同市駄経寺町)を主会場...

ウォーキング歩鳥

台湾で強い地震 先月友好訪問したNPO未来がお見舞い  「ご心配ありがとうございます」現地から無事の知らせ届く

 3日朝に台湾の東部沖で起きた地震は、台湾各地に多くの被害をもたらしています。先月上旬、連携協定を結んだ千里歩道協会(周聖心執行長)や地元のウオーキング団体と友好交流するため台湾を訪れたばかりの認定NPO法人未来(鳥取県...

とりトピ

「ダンボール最強の力士は?」 アート&相撲の町・倉吉で〝とっとりけんび場所〟 巨大紙相撲で県立美術館の開館1年前をアピール

来年3月30日に鳥取県立美術館がオープンする倉吉市で、開館1年前のカウントダウンイベントとして、段ボールでつくった等身大力士たちが対戦する「どんどこ!巨大紙相撲大会~とっとりけんび 場所」が31日開かれ、県内から集まった...

ウォーキング歩鳥

「春の嵐」をついて60人完歩 倉吉市で「美術館TSUBAKIウオーク」 〝アートのある風景と体験〟楽しむ

来年3月に鳥取県立美術館がオープンする倉吉市で20日、同市の木であるツバキとアートを身近に感じるウオーキングイベントが開かれました。当日は「春分の日」とは思えない、時おりミゾレや台風並みの強風が吹くあいにくの天候でしたが...

まちづくり

アート&相撲の町 開館1年前に”とっとりけんび場所” 巨大紙相撲で県立美術館をアピール コラボ・ウオークも

 来年3月に倉吉市にオープンする鳥取県立美術館の開館1年前イベントとして、アートと「相撲の町倉吉」をコラボしたユニークな催しが3月に開かれることになりました。段ボールで等身大の力士を作り、紙相撲で戦わせる「どんどこ!巨大...

とりトピ

琴櫻に続け! 琴ノ若、伯桜鵬が活躍の今こそ…「相撲でふるさとを元気に!フォーラム」 舞の海さんを講師に、会場は〝満員御礼〟倉吉ロータリークラブが70周年で開催

 昭和の名横綱・琴櫻(元佐渡ヶ嶽親方、1940~2007)の出身地、鳥取県倉吉市で10日、大相撲解説でおなじみの舞の海秀平さんを迎えて「相撲でふるさとを元気に!フォーラム」が開かれました。  倉吉ロータリークラブ(馬野慎...

とりトピ

「フィギュア工場〝全部〟見せます 楽月工場展」倉吉市の円形劇場で好評開催中 市制70周年記念〝倉吉産フィギュア〟130点、一堂に

 倉吉市が誘致したフィギュアメーカーの最大手「㈱グッドスマイルカンパニー(グッスマ)」唯一の国内工場「楽月工場」。2014年に稼働し、これまで同工場が製造した〝倉吉産〟の作品を一堂に集めた「フィギュア工場〝全部〟見せます...