まちづくり

まちづくり

さまざま働き処「坦庵」でモニターツアー 東京から参加組も 〝レトロ&クールな倉吉〟でワーケーション体験

観光・リゾート地で休暇(バケーション)を楽しみながら、仕事(リモートワーク)もこなす新しい過ごし方「ワーケーション」。白壁土蔵群が並ぶ観光街区「赤瓦」の真ん中、倉吉市東仲町に昨年6月オープンしたワーケーション施設「さまざ...

まちづくり

アート&相撲の町 開館1年前に”とっとりけんび場所” 巨大紙相撲で県立美術館をアピール コラボ・ウオークも

 来年3月に倉吉市にオープンする鳥取県立美術館の開館1年前イベントとして、アートと「相撲の町倉吉」をコラボしたユニークな催しが3月に開かれることになりました。段ボールで等身大の力士を作り、紙相撲で戦わせる「どんどこ!巨大...

とりトピ

県立美術館500日前イベントにぎわう 開館は「2025年3月30日」 「ブリロの箱」作りや親子でアート体験

 2025年春のオープンに向けて倉吉市駄経寺町で建設が進む鳥取県立美術館の外観がほぼ完成し、「500日前イベント」が行われ、多くの家族連れや市民でにぎわいました。開会セレモニーでは、挨拶に立った平井伸治鳥取県知事が「オー...

まちづくり

街はアート一色〝福高の秋〟 倉吉市で「福高祭」と「アートdeウオーク」  ジミー大西さん「美術館できたら、またボクを呼んで!」

 雲一つない秋晴れの好天に恵まれた22日、倉吉市明治町の「打吹回廊」をメーン会場に「福高祭」と「アートdeウオーク」が開かれ、多くの市民でにぎわいました。  同祭は2016(平成28)年、倉吉市や県中部地域に大きなつめ跡...

とりトピ

「観光に、暮らしに気軽に乗車を」 倉吉の周遊観光の足に電気自動車 今月から1カ月間、最終の実証試験『打吹つながるモビリティ』 

 2025(令和7)年春に鳥取県立美術館が開館する倉吉市で、10月から市内観光や地域生活の足となる低速走行電気自動車(グリーンスローモビリティ=通称グリスロ)を使った実証実験『打吹つながる モビリティ、通称:U-MO(ウ...

インフォメーション

ビール通、大満足「ホップ農園訪ねるビア・ツーリズム」倉吉観光マイス協会「継続して取り組み、観光の目玉に」

 ビールの香りや苦みを生むホップの農園を訪ね、地元のアユやイワナ、わさび料理に舌鼓を打った後に、倉吉の厳選されたクラフトビールを味わう…ビール通にはたまらない「ビア・ツーリズム」を倉吉観光マイス協会が企画、このほどテスト...